記憶から木録へ『国破れて‘山河’あり』(紙すき爺さん)

by w-history

ローカルだから泥臭い

視聴率ともかく・・プレ本能寺。
むしろマニア好み?テレビガイドまとめ

 秀吉(竹中直人)率いる織田軍の播磨平定は順調に進み、残るは上月城だけとなった。城主・上月景貞(土平ドンペイ)の妻は、光の姉・力(酒井若菜)。官兵衛は戦を避けようと説得に赴くが拒否され、姉妹は敵味方に引き裂かれる。戦には、毛利に滅ぼされた主家の再興を念願とする猛将・山中鹿介(別所哲也)も加わり、官兵衛と意気投合する。敗れて籠城を強いられた景貞は宇喜多直家(陣内孝則)の援軍を頼みとする。
 だが、景貞は家臣に裏切られ、斬首。生き残った力と娘2人は官兵衛に助けられ、光と再会する。景貞を裏切った家来衆は、信長(江口洋介)の命により全て首をはねられる。官兵衛は直家と会うことになるが、上月家に対しひきょうな一手を打っていたことを知る。

 光(中谷美紀)の姉、力の嫁ぎ先である上月城が落城した。
秀吉は播磨平定に成功するが、光の兄・左京進(金子ノブアキ)は、官兵衛(岡田准一)が兄妹の間を引き裂いたと言って恨む。

 職隆(柴田恭兵)は左京進が毛利に寝返るとしたら、必ず政職(片岡鶴太郎)を説き伏せるはずだと官兵衛に伝える。それを聞いた光は政職の妻・お紺(高岡早紀)を訪ねる。
 お紺は恩をあだで返すようなまねは断じてさせないと告げた。そんな中、秀吉は毛利との正面衝突に備え、播磨諸将を集めて評定を開くが、裏では思いも寄らない毛利の陰謀が張り巡らされていた。

 一方、本願寺との和睦交渉に失敗した村重(田中哲司)は、信長から秀吉の配下で戦うよう命じられる。(NHK)
[PR]
by w-history | 2014-04-07 08:44