記憶から木録へ『国破れて‘山河’あり』(紙すき爺さん)

by w-history

国際的な大河の足がかりに

 7年後のオリンピック・パラリンピックまで時間はあるようで無い。

 観光でも日本に来てもらう段取りなら世界的に通用する映画なり作品で
早い段階から1度は訪れてみたいと思わせる仕掛けが必要なんです。

にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

 昭和59年放送のNHK大河第22作。先日なくなられた山崎豊子さんの小説
「二つの祖国」をもとに太平洋戦争をはさむ激動の時代を描いたドラマ。
 生き抜いた日系アメリカ人・天羽(あもう)家の人々の視点を通して
日本とアメリカを舞台に、二・二六事件、太平洋戦争、日系人の強制収容、
原爆投下、東京裁判へと続く昭和史です。

にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

 当時の放送は子供には難しかった。ましてや外国人に解釈を求めるのは不可能
と言えるでしょう。そこで故・竹山道雄氏の児童向け「ビルマの竪琴」に続ける
かたちで方向性を決めれば比較的わかりやすい。

にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

 大陸で話をハッピーエンドにまとめ上げれたら海外にあずけてしまって1年間
NHKのスタッフも休める。そうやって芸術の分野で隣国と協力できるような体制が
望ましく逆に外国の長編物語を腰を据えて鑑賞しようという気にもなり相互理解
や平和に発展する可能性も出てくるわけです。

 例えばベトナム戦争を知る機会を発展途上国の番組から意外に提供されるかも
しれません。

にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村
[PR]
by w-history | 2013-11-06 16:55