記憶から木録へ『国破れて‘山河’あり』(紙すき爺さん)

by w-history

続・花神に期待  

 司馬遼太郎の幕末を描いた作品の中から

 医者で軍師のようでもある大村益次郎(村田蔵六)


 小説に出てくる楠本イネはシーボルトの娘という設定ですが
主人公との「あれは恋だったのでしょう」謎めいた脇役でした

 中途半端に終わっています?

 再来年の大河は流れに乗って愛媛や九州を舞台に日本初の
女性産科医という人物を取り上げてはいかがでしょうか

 マリー・アントワネットの生まれ変わりのような時期ですが・・・

 ところで八重の桜の結末は何か起こるのでしょうか!

 当初はジャンヌ・ダルクと噂されていましたが
 どちらかと言うと「あさきゆめみし」のアッちゃんのほうが
 そんな雰囲気になっているような

にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村
[PR]
by w-history | 2013-11-06 12:47