記憶から木録へ『国破れて‘山河’あり』(紙すき爺さん)

by w-history
DOUTOR珈琲名誉会長 鳥羽博道氏

熟慮断行。断じて行えば勝つ。それ以外に勝つ見込みがないという条件なら、味方全員が反対しようと、万難を排して実行する以外ないのだ。

 1980年に、1杯150円当時の低価格コーヒーチェーン「DOUTOR珈琲ショップ」を始めた。その後の主力業態である。しかし、当時はコーヒー焙煎・卸に加え、1杯300円ほどの従来型の喫茶店「カフェコロラド」を展開していた。

 低価格チェーンを始めれば、従来の取引先はみな反発する。単価が安いので利益も出ない。やめたほうがいい。信頼できる友人もそうアドバイスをしてくれたし、社内も反対1色である。

 しかし、低価格チェーンに進出しなければ、カフェコロラドをはじめとして社業は必ず行き詰まると私は考えていた。コーヒー豆の相場高騰や地価高騰により、1杯のコーヒーも値上げせざるをえない時代が続いた。その一方、オイルショック後の可処分所得の低下で、サラリーマンも負担なく手軽に飲めるコーヒーを求めている。だから、やるしかない。私の考えはシンプルだった。

 あのとき勝負に出ていなければ、売り上げ2位、利益1位のコーヒー会社に成長することはなかったはずだ。(プレジデント)

■楠木 建教授が分析・解説

 どんな商売もいつかは必ず行き詰まる。避けて通ることはできない。しかし動けない。出光興産・天坊昭彦氏の石油業界でも、いずれ需要が落ちることは皆頭でわかっていても石油生産を下げることはできなかった。

 今の日本の携帯電話業界もそうだろう。普及型の携帯電話は「いつか行き詰まる。これは何ともならない」と皆が内心思っていながら、今はまだ利益が取れるから誰もそうは言わない。言ってはいけないことになっている。

 鳥羽氏が従来の業態が絶対に行き詰まると確信したのは、超能力でも先見性でもなく、当たり前の理屈で考えたからだ。

 大事なのは、そこから動けるかどうかである。周囲の反対を押し切って、低価格コーヒーチェーンへの進出を鳥羽氏が決断できたのは、創業社長であり、将来が今の自分とつながっているという「自分事」感覚を備えていたからだろう。

今日の但馬テキ:『他人事でしか将来を考えられない人は、組織のトップに就くべきではないと思う。』←そうだろうか?社長も普通の人間だし・・

----------
一橋大学大学院国際企業戦略研究科(ICS)教授 楠木 建
昭和39年、東京都生まれ。平成4年一橋大学大学院商学研究科博士課程修了。平成22年より現職。著書に「ストーリーとしての競争戦略」「戦略読書日記」。
----------


アプリ開発 ブログランキングへ

347:室内ペット用品;湯たんぐレット
348:レッツ湯舟たんぽレット;濡れないM字の文庫本<文潮ARAE<<電話帳
349:出版Art福祉授産施設;丑My独房からの心の叫びを聞きつつ綴る・・連房さん

解説)資料等持込「不可」。

第3室;構成&編集の文豪サイクル

第2室;外国語訳

第1室;Artの心

※GWコドモしんぶん地方版の個人の投稿『連棟式自販機』を題材に扱った
プレ企画であり著作権の問題から出典の公表は控えさせて頂きました。

350:イルカメッシュ椰子の実軍団;集中浮遊魚雷
351:イルカメッシュ水泳大会;まさかの始めにポロリ
352:ゑゑを手にする日;エスタップ・イブ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

写真はNHKのコマ~シャルで国歌B面をトップ
で斉唱しているサックス奏者の中村雅俊氏です
[PR]
# by w-history | 2014-05-07 19:41
【取材協力弁護士】
戸舘 圭之(とだて・よしゆき)弁護士
民事事件、刑事事件、労働事件等に取り組みながら、ホームレス、生活保護などの貧困問題や追い出し屋対策などの住まいの問題にも取り組んでいる。
第二東京弁護士会、首都圏追い出し屋対策会議事務局長、ホームレス総合相談ネットワーク、青年法律家協会弁護士学者合同部会副議長、首都圏青年ユニオン顧問弁護団
事務所名:代々木総合法律事務所


 電気、ガス、水道が止められ、冷蔵庫にはマヨネーズなどの空容器のみ……。
そんな大阪市の団地の1室で昨年11月中旬、31歳の女性の遺体が発見された。
 死因は餓死か衰弱死とみられ、死後1~2カ月経っていたという。

 報道によると、この女性は約4年前に生活保護の相談で区役所を訪れたものの受給には至らず、最近は「お金がない」と親族に訴えていたという。経済大国といわれる日本だが、餓死や孤立死などの悲惨なニュースは絶えることがない。生活保護に対する風当たりは強まり、行政による窓口対応の問題点も指摘されている。

結局のところ、食うにも困るような「生活苦」に陥ったら、途方に暮れるしかないのか。今回のような悲劇を防ぐには、どうしたらいいのだろうか。貧困問題に取り組む戸舘圭之弁護士に聞いた。

●憲法は「生存権」を保障している

「誰でも、さまざまなきっかけで貧困状態に陥ります。貧困は自己責任ではありません」

戸舘弁護士はこのように切り出した。自己責任ではない、となれば、誰の責任になるのだろうか?

「日本国憲法25条1項は『すべて国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利』を保障しています。いわゆる『生存権』です。

 これは、貧困は自己責任ではなく、国の政策の失敗の結果であることから、すべての人に対して『人間らしく生きる権利』すなわち『生存権』を国家が責任をもって保障するという規定です。

 生活保護は、この憲法25条に基づく国の制度としてあるのです」

努力によって貧困を避けられたケースもあるのでは?

「生活保護は、生活に困っている人ならば誰でも、困窮に陥った原因を問うことなく無差別平等に利用できる制度です。したがって、生活に苦しくなり、毎日の食事にも困るような状態になれば、当然に生活保護を利用し、生活費や住宅費、医療費等の支給を受けることができます。

 努力することはいいことですが、誰でも努力できるわけではありませんし、そもそも努力するためにも最低限の経済的な基盤は必要です。現に貧困状態にある人に努力などを要求して保護を拒絶することは、その人に不可能を強いることであり、
『努力しない人間は死んでもかまわない』と言っているに等しいと思います」

●「生活保護制度を遠慮せずに利用しましょう」

そういう制度があるのに、現実には餓死や衰弱死が存在するのは、なぜなのだろうか?

「現実には、生活保護を申請しようと役所(福祉事務所)の窓口に行っても、
『まだ若いから働きなさい』『親族に扶養してもらいなさい』
『ホームレスは生活保護を受けられません』『住所がないからダメです』
『他の制度を利用してください』などと告げられ、追い返されるケースが後を絶ちません。

 しかし、こういった口実は、生活保護の申請を受け付けない理由にはなりません。
 このような役所の窓口対応は『水際作戦』と呼ばれ、明らかに違法なのです。

 こうした問題は、生活保護に詳しい専門家に相談することにより、解決することが可能です。
 弁護士、司法書士による無料相談窓口としては首都圏生活保護支援法律家ネットワークなどがあります」

たとえば、周囲に裕福な親族がいる場合にも、生活保護は受けられるのだろうか?

「親族の援助、扶養を受けることも、生活保護を受けるための要件ではありません。

 昨年、生活保護法が一部改正されましたが、憲法25条に基づく最低限度の生活を国の責任で無差別平等に保障するという基本的な考え方は全く変わっていません。

 とにかく生活に困ったら、生活保護制度を遠慮せずに利用しましょう」(弁護士ドットコム トピックス)
[PR]
# by w-history | 2014-05-01 10:34

ローカルだから泥臭い

視聴率ともかく・・プレ本能寺。
むしろマニア好み?テレビガイドまとめ

 秀吉(竹中直人)率いる織田軍の播磨平定は順調に進み、残るは上月城だけとなった。城主・上月景貞(土平ドンペイ)の妻は、光の姉・力(酒井若菜)。官兵衛は戦を避けようと説得に赴くが拒否され、姉妹は敵味方に引き裂かれる。戦には、毛利に滅ぼされた主家の再興を念願とする猛将・山中鹿介(別所哲也)も加わり、官兵衛と意気投合する。敗れて籠城を強いられた景貞は宇喜多直家(陣内孝則)の援軍を頼みとする。
 だが、景貞は家臣に裏切られ、斬首。生き残った力と娘2人は官兵衛に助けられ、光と再会する。景貞を裏切った家来衆は、信長(江口洋介)の命により全て首をはねられる。官兵衛は直家と会うことになるが、上月家に対しひきょうな一手を打っていたことを知る。

 光(中谷美紀)の姉、力の嫁ぎ先である上月城が落城した。
秀吉は播磨平定に成功するが、光の兄・左京進(金子ノブアキ)は、官兵衛(岡田准一)が兄妹の間を引き裂いたと言って恨む。

 職隆(柴田恭兵)は左京進が毛利に寝返るとしたら、必ず政職(片岡鶴太郎)を説き伏せるはずだと官兵衛に伝える。それを聞いた光は政職の妻・お紺(高岡早紀)を訪ねる。
 お紺は恩をあだで返すようなまねは断じてさせないと告げた。そんな中、秀吉は毛利との正面衝突に備え、播磨諸将を集めて評定を開くが、裏では思いも寄らない毛利の陰謀が張り巡らされていた。

 一方、本願寺との和睦交渉に失敗した村重(田中哲司)は、信長から秀吉の配下で戦うよう命じられる。(NHK)
[PR]
# by w-history | 2014-04-07 08:44

世界巡礼ニッポン!

24時間働けるモーレツ社員と専業主婦に支えられた「日本式経営」は限界

人口減への処方箋←アベノミクスの矢?

 繊維大手、帝人の社長を務めた安居祥策(やすい・しょうさく)氏はかつて、欧米企業との合弁事業や取引交渉を繰り返すうちにあることに気づいた。対峙(たいじ)する欧米側には必ず女性役員が列席しているのだ。だが、自分の左右は男性ばかり。「このままでは取り残される」

 2000(平成12)年、帝人は女性活躍推進室を立ち上げた。その結果、総合職で5%だった女性比率は12年度には18%に、管理職も8人から85人に増えた。

 ◆先進国最低レベル

 「日本でもっとも活用されていない資源」。1月のダボス会議での講演で、安倍晋三首相は日本女性についてこう評した。政府は「20年までに指導的立場に占める女性の割合30%」を掲げるが、現状は先進国最低レベルの11%。労働力人口が激減する日本は、女性の社会進出なくして成り立たない。

 共働き世帯自体は増えている。1990年代に専業主婦世帯を超え、その後は右肩上がり。現在は専業主婦世帯を3割超上回る。女性の労働力率が子育て期に減少する日本特有の「M字カーブ問題」は少しずつだが改善されつつある。

 しかし、戦力としての女性活用はその先の問題だ。

<外国人労働者介護・家事に拡大>

 安倍晋三首相は4日、経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議で、女性の就労機会を増やすため、介護や家事補助などの分野で外国人労働者の受け入れを検討するよう指示した。また、製造業などに限られる外国人技能実習制度の抜本的な見直しも指示。外国人を中長期の労働力として確保する狙いで、6月にまとめる新たな成長戦略に盛り込む方針だ。また政府は同日、建設業の人手不足を解消するため、外国人労働者の活用を拡大する緊急対策を決めた。

 合同会議で政府は、掃除や洗濯、育児など家事や家族の介護を理由に就職できない女性が220万人いるとの試算を公表。安倍首相は「女性の活躍推進の観点から、外国人の活用について検討してもらいたい」と指示した。また民間議員からは、建設業や季節変動がある職場、農業などでも外国人の活用を求める声もあがった。その上で外国人看護師や介護福祉士を、新たに外国人技能実習制度の対象とし、受け入れを拡大すべきだとした。

 一方、閣僚からは治安の悪化や、日本人の雇用確保などの課題を指摘する声もあった。首相は外国人活用策を「移民政策と誤解されないよう配慮する」と説明し、国家戦略特区で先行して実施する考えも示した。

 同日の関係閣僚会議で決定した緊急対策では、建設業の場合、最長3年滞在できる外国人技能実習制度の期間の実質的な延長や、帰国した実習生の再入国などが柱。平成27年度から、東京五輪が開催される32年度までの時限措置とする。

 緊急対策では法相が「特定活動」という資格を与え1年ごとに更新し、最長2年の滞在延長が可能となる。実習生が帰国して1年以上が経過した場合も、最長3年の入国を認める。(産経新聞)


[PR]
# by w-history | 2014-04-05 10:34

矮小化する大河

 視聴率が伸び悩んでいいたNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」(岡田准一主演/日曜日午後8時~)が、ついに急落した。

 同ドラマは初回(1月5日)18.9%でスタート。第2話(同12日)=16.9%、第3話(同19日)=18.0%、第4話(同26日)=16.5%と推移。第5話(2月2日)以降は15%台~16%台前半が続いていたが、第13話(同10日)では12.9%と急降下した。

 強力な裏番組である日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」2時間スペシャルは16.9%と、それほど高くなかったが、通常、低視聴率のフジテレビ(ダウンタウンの「教訓のススメ」)が「世界フィギュア選手権」エキシビションの中継で13.7%を獲ったため、その影響を受けたものと思われる。

 近年の大河ドラマでは、13年の「八重の桜」(綾瀬はるか主演)が第10話で12.6%と、初めて15%を割り込むと、その後、15%を超えることはほとんどなかった。

 大河史上ワーストとなった12年の「平清盛」(松山ケンイチ主演)は、第12話で12.6%まで落ち、それ以降は浮上できなかった。

 1度、急落した視聴率を回復するのは難しいが、「軍師官兵衛」は次回(第14話)で、なんとしても巻き返しを図りたいところだろう。

 フジテレビ「失恋ショコラティエ」(松本潤主演/月曜日午後9時~)最終回(第11話=3月24日=15分拡大)は13.7%で、全話平均は12.3%。

 TBS「隠蔽捜査」(杉本哲太、古田新太主演/月曜日午後8時~)最終回(第11話=同24日)は7.0%で、全話平均は7.5%。

 檀れいが民放連ドラ初主演となったフジ「福家警部補の挨拶」(火曜日午後9時~)最終回(第11話=同25日)は8.6%で、全話平均は9.7%。

 また、浅田真央が出場した「世界フィギュア選手権」(フジ)の女子は、ショートプログラム(同27日)が19.2%、フリー(同29日)が23.0%と根強い人気を示した。男子は高橋大輔の欠場もあり、ショートプログラム(同26日)が13.2%、フリー(同28日)が20.9%に終わった。(リアルライブ坂本太郎)


[PR]
# by w-history | 2014-04-05 08:47

官兵衛の‘変’

296:外人がタテに切腹で侍魂を呼び戻す!;隠れキリシタン?異国の文化ぢゃないゼょ

にほんブログ村
 SAPIOが識者50人に実施した最強のタフネゴシエーターは誰か、というアンケートで2位に選ばれた黒田官兵衛。京都造形芸術大学教授の松平定知氏は、本能寺の変のシナリオを官兵衛が書いたのではないかと指摘する。


 * * *

 豊臣秀吉に仕えた戦国時代最強の軍師のひとりだが、ネゴシエーターとしても最強と呼べる人だったと。変が起きたのは、天正10年(1582年)6月2日未明。秀吉は中国の毛利攻略で備中高松城を攻めている最中だった。

 大恩ある主君を失って泣き崩れる秀吉のそばに官兵衛は黙って寄り添った。そして、泣きやんだところで膝に手を置き、こう囁いた。「主君を殺せし乱臣明智光秀を討ち、天下の権柄を取り給うべき」――つまり、「ご運が巡って参りましたな。これであなたの天下です」と秀吉をそそのかしたのである。

 信長の死の第1報が入ったのは翌6月3日だったとされている。京から約200キロ離れた備中で、なぜ翌日に知りえたのかは謎とされ、光秀が毛利に援軍を頼むために送った密使が、間違えて秀吉軍の陣営に迷い込んだ、あるいは警戒網に搦め捕られたとの説もある。

 そもそも本能寺の変のシナリオを書いたのは官兵衛ではないかという説もあり、もしそうなら、光秀の動きを監視する間者を放っていても不思議ではない。
 
 柴田勝家や丹羽長秀ら他の信長家臣団を出し抜き、京に一番乗りし、光秀を討つ。そのためにはまず目の前の敵、毛利と早急に和議を締結する必要がある。ここでネゴシエーターとしての非凡さが発揮されるのである。

 毛利方の外交僧の安国寺恵瓊(あんこくじえけい)に会い、講和条件をまとめる。交渉が長引けば、毛利方も信長の死の情報をつかんでしまうので、一刻も早く講和をまとめなければならない。

 しかし、講和を焦り、あまりに毛利方に有利な条件を出せば、裏に何かあると勘ぐられる。そこで、備中高松城主清水宗治の首と引き換えに、家臣の命と備後、石見、出雲の領地を守るという講和条件を提示した。毛利方は宗治の首という条件に難色を示したものの、すぐに受け入れた。

 この交渉にかかった時間は、一説ではたった1日とされている。その後の秀吉軍の行軍にかかった最低限の日数から逆算しても3日が限界である。

 なぜこれほど短期間に講和できたのかといえば、講和の落とし所を完璧に見極めていたからだ。戦国大名にとって“領地安堵”は何にも替えがたい。しかも、「城主の首を差し出せば、家臣と領地は守る」という条件であれば、城主さえ決心すれば、即決することができる。官兵衛は、相手が疑問を抱かずに即決できる条件をズバリ提示したのである。

 毛利方が信長の死を知ったのは、秀吉軍が京を目指して出発した5時間後だったという。騙されたとわかり、毛利家の次男、吉川元春は「すぐに秀吉を追うべきだ」と訴えたが、なぜか長男隆元の息子輝元と三男の小早川隆景はそれを押しとどめた。その功により、後の豊臣政権の五大老に、毛利輝元と小早川隆景の2人が選ばれている。

 京に向かう秀吉軍にとって最大の不安は毛利が追撃軍を出すことで、姫路城までの行軍はしんがりを官兵衛が務めた。幸いにして追っ手は来ず、無事に姫路城に到着。ここで1泊して体力を回復し、秀吉は金銀財宝を家来に大盤振る舞いして士気を高めた。

 そこから京都までの行軍では、今度は官兵衛が先回りし、街道で炊き出しや水を準備した。そして、ありったけの財産をばらまいて兵をかき集め、「大返し」の間に秀吉軍はほぼ倍増。光秀軍を混乱させるには、常識を超えたスピードと軍勢が必要だったのだ。

 秀吉軍と光秀軍は山崎で対峙した後、お互いに牽制してしばらく膠着状態が続いた。そんな折、秀吉軍に毛利軍と宇喜多軍の軍旗が翻った。光秀軍はそれを見て、「毛利までが援軍を出した」と勘違いし、みるみる陣形が崩れていった。

 実はこの軍旗は、官兵衛が毛利との講和交渉の際、借り受けていたものだった。そこまで見越して講和交渉にあたっていたということには恐れ入るほかない。

 官兵衛の凄さを知れば知るほど、本能寺の変は官兵衛による演出という説に共感するのである。

※SAPIO平成23年1月6日号

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
# by w-history | 2014-04-04 11:07

辺境と偏狭

「海沿いの地域の人は、

『この海は中国大陸、またはアメリカまで続いている』

などと感じるのに対し、内陸県は、『あの山の向こうは○○集落』という感じ
で、どうしても視野が狭くなります」

その他、一般的に言われる「長野県人の県民性」を挙げてもらった。
「勤勉で誠実で辛抱強い性格。考え方も生活も堅実。お金には細かいが、
教育熱心で研究心も旺盛。わが国有数の長寿県(男性1位、女性4位)なのは、
暴飲暴食などせず、規則正しい生活を送っているから。理屈っぽく、議論好き、
頑固なところもあるため、やや社交性に欠けるのが玉にキズ。また、内陸県
だけに融通がきかない、視野が狭いといった一面も。とにかく真面目で正直
で曲がったことが嫌い。そのため冗談が通じないことも。この傾向は北部へ
行くほど顕著になり、逆に南部に行くとおおらかで情緒的な傾向に。

 女性はおしなべて正直で誠実な性格。大人しそうに見えても実はタフ。
ストレスも溜めない性格だから長生きする」

 こうしてみると、個人的には納得できるものばかり。

 ちなみに、周囲に「長野県人」のイメージを聞いてみると、
挙がったのは「オリンピック」「長寿県」「スキーやスケート」
「昔、合宿で行ったことがある」など、「県民性」とは無関係のものばかりだった。

年配層のイメージする長野県の「辺鄙で偏屈」感は、新幹線開通でアクセスが便利
になったこと、オリンピックがあったことなどから、開かれたイメージになり、薄らい
でいるのだろうか。それとも、尋ねた私に遠慮しただけ……? 
そして、こんな風にまたしても考え込んでしまうのは、やっぱり長野県人ゆえか。
「関西人」のような大きなくくりや、「大阪人」「名古屋人」のようなメジャー都市であれば、
俎上に載せられるケースが多いのもわかるが、「長野県人」なんてピンポイントすぎる気がする。

 一般的に「長野県人」ってどんなイメージなのか。ときどき言われる「頑固」「生真面目」
などのことだろうか。これらも、いつ、どんなきっかけで言われるようになったのか。

『新版 出世・結婚・お金は『県民性』で9割決まる』(監修/プレジデント社)等、県民性研究の第1人者の矢野新一さんに聞いた。

「長野県は江戸時代、寺子屋の数が日本一だったこと(面積が広いこともある)、明治の就学率が日本一だったことから、『教育県』と言われるようになったと思われます」

日本の各国の人柄や風俗などを記した、今でいう県民性本のはしりのような書物、『人国記』に、こんな記述があるという。
「信濃は武士の気質は天下一なり。もっとも、百姓・町人も律儀なること、伊賀・伊勢・志摩に五畿内を加えたよりも、なお上である。義理が強く臆することもなく、百人のうち九十人は律儀である。たまたま臆病な者がいても、それは他国で云うようなほどではない。もし、卑劣な事を言ったり、卑劣なことをすれば、人は皆、これを憎み付き合わなくなるため、弱々しい人も、後には義理を知るところである。知恵も他国に比べ優れている。辺鄙なところだけに、偏屈な人も多いが、善き気質の人が多い」

「義理が強く」「律義」だったら、良いイメージだが、気になるのは「偏屈」。
(エキサイト田幸和歌子)
[PR]
# by w-history | 2014-03-26 09:51

“Baby, we love you.”

 歴史ある赤チャンのハイハイレースは、レースとして盛り上げるために順位付け
はいたしますが、決して順位、タイムを重視するイベントではございません。親子
のコミュニケーション、お子さまの成長過程を見守り、他の赤ちゃんまたは親御さん
との交流の場となれば、と考えております。ご自分のお子さまはもちろんですが、
他のお子さまも含め“Baby, We Love You”の気持ちのもとに開催しております。


にほんブログ村

■基本ルール

  • 出場資格は、ハイハイができる未歩行の赤ちゃん
  • 両手、両足、両ひざを使い、前へ進みゴールを目指す
  • 歩行した場合は、スタートに戻る
  • 制限時間;2分間
  • コース距離;3m
  • 制限時間タイムアップ後は、必ず親子でゴール

    <禁止事項その他について>

※スタート後はゴール、またはタイムアップまでは触れることは禁止

  • スタート後、誘導される方はゴール位置まで下がっていただきます。
    1位確定後は、赤ちゃんの前まで近づいていただいて結構です。
  • 誘導の小物の使用は可能です。ただし周りの赤ちゃんに
    危険と判断した場合は使用不可といたします。

[PR]
# by w-history | 2014-03-11 07:06
清盛遺言『義経、福原を銭湯に』

 「一般市民向けに料金を徴収して温浴を提供するビジネス」としての銭湯は、日本においては鎌倉時代から存在しているといわれ、長い歴史がある。戦後も都市人口の増大によりその数は増え続け、昭和40年頃には全国で約2万2千軒存在していた。
 しかしその後、風呂付き住宅が一般的になったことや、スーパー銭湯などその他の営業形態が増えたことなどで利用客と軒数が減っており、昨年時点では全国で約5,200軒にまで減少している。東京都内だけでみても、この約50年間で約2,600軒から約800軒への減少である。


 数の減少もあり、銭湯は報道などでは、
「厳しい経営環境」「燃料費の高騰や消費税増税などで今後さらに厳しく」
「古きよき日本の伝統がまた1つピンチに」といった同情的な論調で語られることが多いが、実際はどのような状況なのか。

 確かに事業者も減っており、産業として衰退していることはその通りなのだが、実はその業界内部においては、利権と規制に守られた「経営努力をしない組織」が温存され、その維持に対して多額の税金が投入されているのである。



 ブラック企業アナリストとして、テレビ番組『さんまのホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)、「週刊SPA!」(扶桑社)などでもお馴染み、計100社以上の人事/採用戦略に携わり、数多くの企業の裏側を知り尽くした新田氏が、ほかでは書けない「あの企業の裏側」を暴きます。

新田龍:株式会社ヴィベアータ代表取締役、ブラック企業アナリスト。
早稲田大学卒業後、「ブラック企業ランキング」ワースト企業2社で事業企画、人事戦略、採用コンサルティング、キャリア支援に従事。現在はブラック企業や労働問題に関するコメンテーター、講演、執筆を展開。首都圏各大学でもキャリア正課講座を担当。

・多額補助金、水道料金実質無料、税金免除…
 

 統計数字を見る限り、銭湯は全国的に減少しているが、相応の人口規模を持つ都市では依然として健在だ。東京都の場合、わずか450円の料金で、それほど盛況というわけでもない銭湯が生きながらえているのはなぜだろうか。

 その背景には「それでもやっていけるカラクリ」があることは、あまり知られていない。

 日本には「公衆浴場法」という法律がある。その中で「公衆浴場」は「一般公衆浴場」と「その他の公衆浴場」に分類されており、前者が「銭湯」と呼ばれ、施設の衛生基準や浴槽水の水質基準、そして入浴料金などが法律で定められている。後者は俗にスーパー銭湯、健康ランド、サウナなどと呼ばれる施設で、「温湯や温泉で公衆を入浴させる施設」であることは同じだが、営業形態が銭湯とは異なる浴場であり、料金規制などは受けない。

・優遇措置

 だが、今回取材したある銭湯は、そのような統計上の数字はどこの世界の話かといわんばかりに羽振りがよかったのである。銭湯のみならず賃貸マンションも所有しており、会社として儲かっているが、なぜそのような事態になり得るのか。

 その答えは「料金減免」と「補助金」にある。

 実は、銭湯の水道料金は実質無料で、さらに施設と土地の固定資産税はその3分の2が免除されるのだ。「銭湯で水道料が無料」ということは、牛丼屋でいえば「タダでもらった米と牛肉で牛丼をつくって、相場より安い家賃の店で売る」状態と同じといえよう。湯を沸かすための燃料代の負担があるとはいえ、極めて好条件でビジネスができているわけだ。

 東京都水道局のホームページをみてみると、通常の料金表のほかに、公衆浴場用の水道料金、および下水道料金が載っている。いずれも、銭湯だけの特別枠だ。

 制度としては終戦間際の、公衆衛生が喫緊の課題であった頃のものであり、当時の時代背景であれば理解できるが、内風呂の普及率がほぼ100%となった現在、そこまで手厚く補助する正当性には疑問が残る。

 ちなみに、筆者在住の東京都世田谷区では、銭湯を対象にした予算として13年度で約1億9,800万円が支出されている。区内銭湯1軒当たり年間で約566万円にも上る計算になる。同区では待機児童問題などいろいろと優先度が高い課題があるにもかかわらず、銭湯に慣習的に多額の支出が継続されているのだ。

 しかも、あくまでこの対象は「一般公衆浴場」である銭湯に対してのみであり、「その他」に分類されるスーパー銭湯や健康ランドには適用されない。実際に今、新規開業を届け出たとしても、補助金・助成金対象となる「銭湯」としては認可されない(もちろん、その代わりに料金設定を自由にできるというメリットはある)。

 つまり、既得利権化しているのである。都道府県から助成金が出て、市区町村が振り分ける。450円(東京都の場合)という価格統制を受け入れさせる代わりに、助成金を渡すという慣行が残った。お金を渡す側は当然ながら利権を渡したくないし、事業者側も助成金はありがたい。お互い持ちつ持たれつなのだ。そして浴場組合の理事会には、地元議員も訪れる。こうして銭湯業界は、さまざまな思惑が交錯する場と化している。

 前出の銭湯経営者は、補助金について次のように語る。

「補助金がなくなった瞬間、数多くの銭湯が潰れるだろう。組合はどこも羽振りがよく、銭湯を会場にしたイベントなんかには、すぐにお金を出す。むしろ、補助金や助成金は使い切らないと翌年減らされるので、なんとしてでも使おうとする」

 公衆浴場でもスーパー銭湯などは各社知恵を絞り、助成金や補助金を受け取らずとも営業している。各自治体が明確な指針も検証もないままで補助金を垂れ流してしまうのは、当の銭湯の営業努力へのモチベーションを奪い、結果的に業界自体を衰退させてしまうことにもなりかねない。行政は、事業者が補助金に頼らずとも自立できる環境を整備すべきである。直接的な補助金でなくとも、利用者にバウチャー(利用券)配布するなど、方法はさまざまあるだろう。(Business Journal)


[PR]
# by w-history | 2014-03-02 14:23

映画『ザ・コーヴ』

 イルカ愛護の視点から描かれた作品で、世界には捕鯨やイルカ漁が
行われている国や地域があり、これらの国や地域において、共通する地理的条件、
歴史・経済、・化等があるにもかかわらず、ドキュメンタリー映画として、これらのこと
には何1つ触れられていません。

 現在、世界人口のかなりの割合が肉を食していますが、そのためには、
例えば、大切に育てた家畜の命を絶たねばなりません。その際、その命
を奪う行為として、と畜を行います。

 動物のと畜は通常、人目に触れないよう配慮されていますが、映画『ザ・コーヴ』は、
こういった配慮に反してイルカの捕殺現場を隠し撮りし、命が奪われていく所を
センセーショナルに映し出しています。

 そんな隠し撮りを悪びれることもなく、むしろそのテクニックを誇らしげにストーリーに
組み込んでいます。

 さらに、「イルカ肉には2,000ppmの水銀が含まれている。」など実際とはかけ離れた
数値をもって、イルカ肉が汚染されていることを誇張した内容となっています。その他、
「水銀汚染を隠すためにイルカの肉を鯨肉として販売している。」、
「イルカが食肉となってることを人々が知らないのは、マスコミがもみ消している。」、
「捕鯨やイルカ漁をやめないのは、日本の古典的帝国主義にある。」など事実を歪曲
した内容も含まれています。撮影の方法、内容ともに問題のある許し難いものであります。

 太地町のイルカ漁は、これまでも何度となく、海外からやって来る過激な動物愛護団体
のターゲットとなり、漁業の妨害や精神的な攻撃を繰り返し受けてきました。

 国・県の監督のもと、法令規則を守り、昔から受け継がれてきた漁業を営んでいるだけ
であり、何ら批判されるものではありません。

 この映画のように、一方的な価値観や間違った情報で批判することは、長いあいだ
太地町でイルカ漁にたずさわってきた人たちの生活権を脅かし、町の歴史や誇りを
傷つける不当な行為であり、決して許されることではありません。(和歌山県情報館
『イルカ漁等に対する和歌山県の見解』)
[PR]
# by w-history | 2014-02-17 06:24
「榎本武陽らの時代には、日本人もきっちり大局を見ていたんです。『外国に負けたら殺される』という凄まじい緊張感の中で、世界情勢や歴史の研究を怠らなかった。それが、日露戦争に勝った瞬間に平和ボケしてしまうんですね。海軍が発行していた雑誌をひもといても、日露戦争前にはイギリスの海軍史に関する研究がたくさん出てきます。フランシス・ドレークや七年戦争なんかについて、当時の海軍関係者が拙いなりに一生懸命研究しているんですが、それが戦争に勝ったのを機にぴたりと止まるんです。以後ずっと、日本人は“目の前のこと”しか見ようとしていません。

 その結果、日米開戦、および敗戦という悲劇が起きた。

「昭和初期の海軍の不勉強ぶりときたら目も当てられません。フランクリン・ルーズベルトは、
『アメリカ国外での戦闘には参加しない』と選挙で公約しているので自分から弾は打てない。さらに当時の厭戦気分(パシフィズム)も考えると、何がどうなってもアメリカは1年以上は戦えないというのがわかるはずなのに、なんでわざわざハワイを攻めてヤツらに火をつけちゃうの?という話です。アメリカと戦う是非はさておき、攻めるんならなぜマニラじゃなくてハワイなの?と。」

 当時の海軍は、アメリカの社会すら研究していなかったわけである。

「ところが、歴史学者の中でも学歴コンプレックスがもっとも強い軍事マニアの人たちは、
『当時の偉い人たちが決めたんだから、何か理由があったんだろう』と言うんですよ。当時の1次史料を持ってきて
『こういう理由があったんだ!』とドヤ顔をするわけですが、理由があったのはわかるとして、なぜそれが正当だと言えるのでしょう? 
 くだらないことをやらかす背景には、くだらない理由しかないのに、そこで無理やり合理的な説明をつけようとするから意味不明になる。
 普通の考え方なら、山本五十六ってただのバカでしょ?バカじゃなきゃスパイでしょ?
となるわけですが、それを言うと、軍事マニアは『後知恵はよくない』と怒るんですよね(苦笑)。」

 かくして「歴史に学ぶ」というあるべき態度は葬り去られ、「目の前のことしか見ない」という悪習は、われわれ日本人に戦後も延々と受け継がれているのである。

「日本人にとって、ちょっと前の首相なんて、もう歴史上の人物じゃないですか。小泉さんは最近また出てきたので“今の人”になりましたが、小渕さんとか竹下さんなんて、ほとんど聖徳太子と変わらない(笑)。ですが、今、目の前で起きていることを正しく認識するには、歴史を顧みることが不可欠なんです。

 例えば、東京都知事選で「なぜ、小泉は細川を担いだのか?」という素朴な疑問。

「歴史を知らないと『小泉さんは何考えてるんだろう』となるでしょう。しかし、小泉さんのこれまでの手口を振り返れば想像がつく。
 小泉内閣時代、石原新党が立ち上がるという話がありましたが、そこへ“バスに乗り遅れるな!”とばかりに石原慎太郎さんに寄っていった亀井静香や野中広務ら(小泉)反対派は皆、見事に轢き殺されました(笑)。
 そのパート2が、安倍さんと福田(康夫)さんの関係です。反安倍派が福田さんのところに集まったら、福田さんが全員蹴落として安倍内閣ができた。
 そして今回がパート3。細川さんのもとに、鳩山、菅、小沢、その他もろもろの有象無象が群がっていることを考えると
『またしても皆殺しか……』と思いますよね。もちろん、すべては推測ですが、
『3番煎じをやろうとしているのか? あるいは今回は違うのか?』と、
『何がやりたいのかわからない』では、思考の出発点が違います。」

 歴史に対して無知だと、自分に不利な主張に対しても抵抗する術がない。例えば「増税による財政再建は、大蔵省の伝統だ」という主張。
 そう聞けば「消費税アップも仕方ないのか」と思ってしまいがちだが……。

増税は大蔵省の伝統、なんてのはまったくのウソ。
 田中角栄時代のバラまきによって植えつけられたトラウマで、たかだか40年の歴史しかありません。
 増税を支持する御用学者も、増税はけしからんというリフレ派も、立場は逆なのにこの間違った事実を共有しているのだから困ったものです。
 財務省史上、増税と絡めてもっとも話題に上る井上準之助だって、本人は1度も増税なんて言っていない。昭和初期の史料を見ればわかることですよ。中山恭子さん(昭和41年大蔵省入省)にインタビューしたときも、
『私たちの頃は(増税路線とは)違いましたよ』とハッキリおっしゃってました。」

 今を生き延びるために必要な“大局観”を養うためにも、ぜひ『嘘だらけ』シリーズを・・

【プロフィール】倉山満氏。憲政史研究者。日本人が信じている「教科書的近現代史」を根こそぎ引っくり返し、正しい歴史認識を提示する人気シリーズ『嘘だらけの○○近現代史』(扶桑社刊)

このシリーズでやりたかったのは“通史”を描くこと。日本の歴史学者は総じて、過剰に細分
化された専門分野の研究にのみ耽溺する、平たく言えばただのオタクです。通史を語れる人間がいないんですよ。というより、学会では通史を語るヤツなんて淫祠邪教で火炙りの刑レベルの異端者(苦笑)。ならば自分が書いてやろうと思ったわけです」と語る。

 加えて、本シリーズによって“通史”に触れることで、歴史を見るときの“大局観”を身につけてほしい……というのが倉山氏の願いだ。確かに、暗記科目として歴史を学んできたわれわれ日本人の大半は、歴史を見るときの大局観を決定的に欠いているのかもしれない。

<取材・文/日刊SPA!取材班 撮影/本多 誠>

[PR]
# by w-history | 2014-02-14 14:32

ナチの火祭

 神倉山は日本書紀に天ノ磐盾として記載されている歴史ある場所です。神倉神社のゴトビキ岩はそんな変遷の新宮を何千年も唯一じっと見続けている霊石でもあるのです。
 お燈まつりは毎年2月6日神倉神社の例大祭として執り行われます。白装束に荒縄を巻いた2,000人前後の上り子が松明を手に急な石段を駆け降りる火祭りです。江戸時代までは1月6日に行われ、火で心身を清め、その年の平安を祈る祭りとして続いてきました。約1,400年もの歴史があると言われています。この日だけは女人禁制。神倉山に登れない方は、麓の鳥居から石段を見上げてみて下さい。お燈まつりの勇壮さが想像できます。石段は538段あり、1,193年、源頼朝が寄進したと伝えられている。
 太鼓橋の右手には「下馬」標石があります。1,672年奥州(現東北地方)の大銀与兵衛盛道が、熊野三山に七度参詣した記念に寄進したと書かれています。車も新幹線もない時代に片道約1200kmもある道のりを7回も・・・熊野信仰の篤さがうかがえます。
 神倉山を上り詰めると神倉神社がありますが、その手前に参拝前に手や口を清めるための手水鉢があります。巨大な花崗岩を丸ごと刻んで仕上げたもので、新宮城主二代「水野重良」が1,631年、親類にあたる下野の国(栃木県)那須城主「大関高増」の母の延命と繁盛を祈願して寄進したものです。
 神倉神社は、高倉下命(たかくらじのみこと)と天照大神をお祀りしています。境内には、熊野権現が最初に降臨されたと伝わる霊石「ゴトビキ岩」があり、この岩間からは、弥生時代の銅鐸の破片やお経を書いて埋めた経塚が発見されていて、古代から大きな石を祀る自然信仰の場として、神聖視されてきた山であることがわかります。最近、スピリチュアルスポットとして注目を浴びています。(新宮市観光協会ホームページ)


本州最南端の南紀では火祭りが盛ん!
●那智黒飴を手土産に●
『那智の火祭』
開催場所:熊野那智大社
開催日時:7月14日
重さ50㎏以上もある大松明の炎が参道いっぱいに乱舞します。
 日本三大火祭りの1つ「那智の火祭り」は、熊野那智大社の例大祭「扇祭り」の一幕で、那智山の信仰は、神武天皇東征の折りに、那智の滝を大己貴命(大国主命)の御霊代として祀ったことに始まります。

 仁徳天皇の頃、那智山中腹にその社殿を移し祀ったのが今の熊野那智大社の起源で、全国三千有余社の熊野神社の御本社でもあります。この例大祭は、熊野那智大社から御滝前の飛滝神社への年に1度の里帰りの様子を表したものです。十二体の熊野の神々を、御滝の姿を表した高さ6mの十二体の扇神輿に移し、御本社より御滝へ渡御をなし、御滝の参道にて重さ50㎏~60㎏の十二本の大松明でお迎えし、その炎で清める神事が「那智の火祭り」です。那智大社境内にて大和舞・那智田楽が奉納されます。

 那智田楽は、足利時代の応永10年に京都から、田楽法師・宗正、法輪を招いて習得したものであると伝えられています。

 楽器は、笛、腰太鼓、編木の3種で、笛1人、腰太鼓4人、編木4人、番外の舞人シテテン)2人、 の計11人の編成により舞います。舞人の服装は、緞子でつくられた直垂(太鼓の者は赤、編木の者は黄)、袴は白二引の縹色のくくりばかまで、綾藺笠をかむります。

 田楽舞を創成期の形をそのままに伝えている、全国的にも数少ない例として国の重要無形民俗文化財に指定されています。平成24年ユネスコの無形文化遺産への登録が決定しました。(那智勝浦町ホームページ)
[PR]
# by w-history | 2014-02-06 14:42

後悔しない看取り

 人生の死に場所に老人ホームを選ぶ高齢者が増え、それに取り組む有料老人ホームも増えている。介護サービスの質だけでなく、連携先の医療機関によっても死のありようが大きく変わろうとしている。介護・医療ジャーナリストの長岡美代氏が実情に迫った。

*  *  *

 介護職員が24時間常駐する介護付き有料老人ホームには元気なシニアを入居対象とするところもあるが、「終の住処」を期待する人も多いだけに、看取りへの対応は欠かせなくなっている。

 東京都八王子市で定員260人の規模を誇る介護付き有料老人ホーム「ジョイステージ八王子」もその1つで、開設から18年目を迎え、看取りに取り組む機会が増えてきた。昨年までの5年間で65人が亡くなり、その約8割をホームで見送った。

「一定の介護が必要になったら自立棟から介護棟に移ってもらいますが、その時点で改めて最後を迎えたい場所をはじめ、病状が急変した時の救急搬送や延命措置の希望などを書面で確認しています。入居時などにも伺いますが、元気なうちはイメージしにくいようです。なかにはかかりつけの大学病院での最後を希望される方もいます。ただ、ほとんどの入居者は住み慣れたホームでの看取りを求めておられます」(舛田典勇代表)

 同ホームにはテナントとして「松本クリニック」が併設され、病状の急変が見込まれる要介護者には月2回の訪問診療を提供するほか、夜間早朝を問わず緊急の往診にも対応してもらえる。

 終末期でも病状によって救急搬送する場合はあるが、高齢患者は救急隊が搬送先の病院を探すのに難渋することも多い。だが、クリニックが事前に病院に連絡を入れ、受け入れ先を確保してくれるためホーム側は安心できるという。

 院長の松本清彦医師は、「訪問医療の仕事の大半は患者・家族との信頼関係づくりにあります。そのためにも緊急時に往診することが不可欠です。いざという時に来てくれなければ信用されないし、看取りも断念してしまうでしょう。その点は在宅でも老人ホームでも共通です」と話す。

 特に終末期は家族との面談に時間をかけ、治療方針に対する意向を丁寧に確認するよう心がけているのだと言う。

「延命措置をするかしかないかを決める家族の責任は重い。迷って、すぐに決められないのが一般的です。時には『自分だったらこうします』と言って、決断の参考にしてもらうこともあります。誰しも後悔はしたくありません。病状に応じて、その時々にできる治療の選択肢を伝えるとともに、『気が変わったら、いつでも遠慮なく言ってください』と話しています」(松本地図男医師)

※週刊朝日 平成25年10月4日号
[PR]
# by w-history | 2014-02-06 13:35

細川玉

 明智光秀の娘で、16歳の時に坂本城より、勝(青)龍寺城主細川藤孝の息子忠興に嫁ぎました。天正10年の本能寺の変により丹後味土野の山里に幽閉されるなど、苦難の生活が始まる。そして、心の平安を求めてキリスト教を信仰し、洗礼を受け「細川ガラシャ」となります。38歳にて悲劇的な最後を遂げる。短いながらも幸福な新婚時代を過ごしたのが、長岡京市にある細川氏の勝龍寺城です。

細川忠興

 山城国勝龍寺城主細川藤孝の長子。天正5年(1577年)父藤孝とともに織田信長に従軍し、摂津・播磨・丹波・丹後方面に転戦し、天正6年8月には明智光秀の三女「玉」を妻に迎えました。本能寺の変では直ちに信長に対する弔意を表し、反光秀の行動を示しました。


細川藤孝(幽斎)

 安土桃山時代の大名。永禄11年の信長入京の際には朝廷の警備にあたったほか、岩成友通の篭る勝龍寺城を攻略し、同城を与えられます。子忠興が明智光秀の娘玉と結婚し、緊密な関係にありましたが、本能寺の変では光秀に協力せず秀吉につき、丹後田辺城主となります。歌人としても知られています。

細川麝香(じゃこう)

 沼田光兼の娘で細川藤孝の妻(忠興の母)となります。勝龍寺城沼田丸は麝香の実家の沼田氏の郭(くるわ)とも言われています。

明智光秀

 安土桃山時代の武将。足利義昭の臣となり、のち織田信長に従います。天正10年信長の命で備中高松城へ向かう途中本能寺の信長を急襲します。しかし山崎の合戦で秀吉に敗れ、小栗栖で自刃します。

明智煕子

 明智光秀に奥入れ前に疱瘡を患い、顔に痘痕が残ったのを父範煕が案じて、妹を身代わりにしたてましたが、光秀がすすんで煕子を娶りました。また、浪人時代の光秀が接待役になった時、髪を売って金を工面し、夫の面目を保ったという逸話でも知らています。

清原マリア

 大外記清原枝賢の娘。細川ガラシャの侍女となり、セスベデスより受礼し「マリア」となります。玉をも感化し、玉は「ガラシャ」となります。

松井康之

 安土桃山時代の武将。細川幽斎、忠興に仕えた重臣。永禄11年9月、細川藤孝が勝龍寺城を奪回したとき功をあげ、城下に屋敷と賄料を与えられるとともに、藤孝の養女と縁組みをします。以後細川家に一門格の筆頭重臣として仕えます。

明智弥平次

 明智光秀の甥で女婿。光秀の忠臣として丹波攻略に従い、天正9年ころは丹波福知山城主でした。本能寺の変後は安土城に在り、坂本城落城とともに自刃します。

注釈:勝竜寺城公園(しょうりゅうじじょうこうえん)

 暦応2年(1339)に細川頼春(よりはる)が築城したといわれ、天正6年(1578)明智光秀(あけちみつひで)の娘、玉(後のガラシャ)が細川忠興(ただおき)に嫁いだ城で、後年の山崎の合戦では光秀がここに本陣を構えました。鉄砲の時代に対応した先駆的な築城技術を用いた城で、わが国の城郭史上でも貴重なものであることが発掘調査で明らかになりました。この跡地が管理棟(資料展示室)、櫓や庭園などを備えた都市公園の姿で復興しました。

長岡京ガラシャ祭とは・・

 天正6年(1578)に細川忠興へ嫁いだ明智光秀の娘「玉」(のちの細川ガラシャ)の「愛と感動の物語」を象徴した市民まつりです。長岡京市が誇るべき重要な歴史遺産の1つである勝龍寺城が、平成4年に勝竜寺城公園として復興したのを記念して、その年の11月に第1回ガラシャ祭が行われました。

 祭りは、お輿入れ行列や歴史文化行列、町衆祝い行列などが市内中心部を巡行するほか、市内の商店や市民の方々の参加によって、模擬店や市民ステージショー、フリーマーケットなどの楽市楽座が行われます。平成20年からは祭りの期間が拡大され、11月初頭からコンサートや古典芸能など各種イベントを開催し、第二日曜日の行列巡行・楽市楽座に向け、祭りの雰囲気を盛り上げていきます。(長岡京市ホームページ)


[PR]
# by w-history | 2014-02-05 14:20

 明治新政府の中枢で活躍した岩倉具視(ともみ)(1825~83)が西南戦争で使用した円盤状の暗号表や、徳川15代将軍・慶喜が新政府軍に江戸攻撃中止を求めた直筆の哀訴状など重要文化財級の史料が、京都市内で見つかった。

 江戸時代後期の本草(ほんぞう)学者・山本亡羊(ぼうよう)(1778~1859)の主宰した塾「山本読書室」跡(京都市下京区)の土蔵を松田清・京都外国語大教授(日本洋学史)が調査し、数万点の史料を確認、目録にまとめた。

 同塾は本草学(博物学)の一大拠点として1811~1903年に開設。全国から集まった門人が医学や儒学などを学んだ。

 読書室跡の土蔵は2階建て約100平方メートルで、松田教授が2011年から土蔵内部を調査し、書籍・古文書類約6000件、書画類約1000件のほか、博物標本などを確認した。このうち、岩倉関連の史料は数百点あり、亡羊の孫・復一が岩倉の秘書を務め、伝記「岩倉公実記」の編集に携わったことから、保管されていたとみられる。

 暗号表は、「イ」「ロ」「ハ」などのカタカナを書いた大小2枚(直径12センチと10センチ)の紙製の円盤を重ねたもので、小さい円盤の文字を大きい円盤の文字に変換する仕組み。暗号が見破られないよう文字変換のパターンは5通りある。

 この暗号表を使って岩倉が大久保利通らと交わしたとみられる秘密通信文61通も残されていた。1877年の西南戦争の際に宮崎県で情報収集した新政府が、反乱士族について「(士族の一部は)ハンシン(反乱の気持ち)アレドモ動カズ」と発信した電報もある。(読売新聞)

[PR]
# by w-history | 2014-02-04 09:33

大河を対岸からみて

 今年の「軍師官兵衛」評価は大方きまったようだ。

 ひと言で表現すれば『歴史ヲタのミタ』。

 つまり大河というより、中小河であって細部に綻び
があるうえ独創性に欠けている。

 改善策として
・キリシタン大名の特徴
・播磨から九州へ配置転換となる明確な契機
・「軍師」として武士が従うに足るカリスマ性
・本能寺の変に関する斬新な説明

 などが挙げられるのだが時既に3回目を
優に越えてしまった。残念限りない。

 広く西日本に話を展開できる器がありながら
四国を無視している感も否めず鉄砲や火薬の
参入した時代だからだろうか発破を掛けなければ
遅々として未だ信長離れできない間に1月。

 若年層をターゲットにしている可能性もあるが
年配者には退屈であり地元も盛り上がると考え
にくい。

 書物も幾多あるなかで諸説が混乱しており
NHKとして集約的な内容を期待する。

 バレンタイン過ぎから本格化するのだろうか。


香川県丸亀市 ブログランキングへ
[PR]
# by w-history | 2014-02-03 14:33
「三つ指ついて、お迎えしたい」

 NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」のヒロインを務める女優の杏(27)が26日放送の朝テレビに出演し結婚観を語ったという。司会の上田晋也(43)から水を向けられ、兄と慕うV6の櫻井翔(32)が結婚観を披露したことから
「私も20歳ぐらいのころには『23ぐらいに』と思っていたんですけど、気が付いたら27。『あれ?』みたいな感じで。30歳までに?全然、想像がつかないです。リアリティー?ないです」と苦笑い。

 理想の結婚相手について

「武士みたいな人」と明言。

「(夫が帰ってくる時に)三つ指ついて、お迎えしたいな、みたいな。出掛けていく時には火打ち石とか。『拙者に付いてこい』みたいに引っ張ってくれる感じがいい」とイメージを語った。

 お笑いで尊敬する有吉は軽いノリでボーイフレンドを紹介するのは「絶対やめてくれ」と口にしているといい
「結婚するってなって、そういう人だったら、会わなきゃいけないけど。1人としか会いたくない」と一度言われたことがあると、昔のエピソードを披露した。

 杏は朝ドラで夫役を務める東出昌大(25)の埼玉県にある実家で仲良く正月を過ごした様子が今月6日発売の週刊誌で報じられ、同9日の会見でも質問が出たが、無言を通した。(スポニチ)

 

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ


[PR]
# by w-history | 2014-01-27 04:27
 昨年末に現役を引退した元フィギュアスケート選手の織田信成氏(26)が、
2月にロシアのソチで開催される冬季五輪期間中、関西テレビの夕方ニュース
番組『スーパーニュースアンカー』(毎週月~金 後4:48~7:00)で、スポーツ
コメンテーターに初挑戦することが23日、明らかになった。同局の社長記者
会見で発表された。
 織田氏は、2月10日、13日、14日、17日、20日、21日の計6回、スタジオ出演予定。

にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

 織田氏は、選手として目標としていたソチ五輪出場を果たせなかったが、「全力でオリンピックとフィギュアスケートの魅力を皆さんにお伝えできればと思っています。面白く楽しく、トークでも4回転を決められるように頑張りたい」と新たな目標に真っ直ぐ。

 今大会のフィギュアスケートでは、「初めての試みとなる団体戦」に興味があるといい、「どういう流れでの試合になるのか、出てくる選手のその後のシングルにどう影響するのかとか、特に男子は団体戦が終わってすぐのシングルなので、すごく気になります。現地にも行く予定なので、会場の雰囲気など実際に見てきたこと、感じてきたことを持ち帰って、深く、充実した内容をお伝えできたらと思っています」と話していた。(オリコン)

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by w-history | 2014-01-25 09:53

女ドラ「繰り返す歴史」

杏 朝ドラの後は“女半沢”
次は民放~日テレ系4月~

NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」のヒロインを務める女優の杏(27)が4月にスタートする日本テレビの連続ドラマ
「花咲舞が黙っていない(仮)」(水曜後10・00)に主演する。

 TBS「半沢直樹」の原作で知られる作家・池井戸潤氏(50)の小説の中で唯一の女性主人公が繰り広げる痛快ストーリーで、銀行で起こるさまざまな事件を解決する姿を映像化。

 原作者、物語の舞台が同じとあり“女半沢”と話題を呼びそうだ。

 原作は池井戸氏の「不祥事」「銀行総務特命」。支店の問題を解決に導く「臨店」の職務に抜テキされた花咲舞(杏)。地位も権力もない一介の行員だが、不正を知らんぷりにはしておけない。銀行内の派閥などもお構いなしに、落ちこぼれのベテラン行員・相馬健と凸凹コンビを組み、弱者のために奮闘。理不尽な相手を一喝し、不祥事を一刀両断する。

 単純な‘銀行業界ドラマ’にはならず、すべての働く人に贈る“応援歌ドラマ”。杏は「男女問わず、働いている皆さま、そして家庭でも日々、言いたくても言えないことがたくさんあると思いますが、私の演じる花咲舞が正しいと思ったことを、頑張ってぶつけてみます。ドラマを見ていただいて、皆さまの“生活の活力”になるように頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします」と意気込む。

池井戸氏も
「杏さんの花咲舞を、とても楽しみにしています。見て楽しく、痛快で、勇気をもらえるドラマになるといいですね」と期待。

加藤正俊プロデューサーは
「池井戸さんが誕生させたスーパーヒロインを杏さんがどう演じるのか、そこを楽しみにしていただけたらと思っています。決してくじけない花咲舞の姿に、見てくださった方がスカッとする、そんなドラマです。ご期待ください」とPRしている。(スポニチアネックス)

にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ
にほんブログ村

 いまも放映中の朝ドラで半端無い芯の粘り強さを見せた彼女だけに引き続き健闘を祈りたい。



[PR]
# by w-history | 2014-01-24 13:56
視聴率低迷

 人気グループV6の岡田准一(33)主演で、鳴り物入りで始まったNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」(日曜午後8時)が“開戦前”の期待に反し苦戦中だ。平均視聴率が初回18・9%、第2回16・9%、19日放送の第3回は若干盛り返したものの18・0%にとどまった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。そのワケと打開策は?

 戦国乱世の中、豊臣秀吉の天下統一を支えた希代の天才軍師・黒田官兵衛の生涯を描く物語。ここ数年、不振が続く大河ドラマにあって、黄金期の「独眼竜政宗」「武田信玄」などにあやかれと戦国モノという王道回帰を図った。主演にジャニーズ系では俳優として力量がある売れっ子・岡田を配し、大河人気の巻き返しが期待されていた。岡田主演の映画「永遠の0」が大ヒット中でもあり、相乗効果も期待されたのだが…。

 ドラマに詳しいライターの田幸和歌子氏が、苦戦の理由を挙げる。

 まずベテラン女優、藤村志保(75)による「おどろおどろしいナレーションを嫌う視聴者が多い」という。

 「一部では『昔の大河みたい』という声もあるが、おどろおどろしく、怖さすら感じる昔話のようなナレーションは聞き取りにくい。もともと特徴的なしゃべりが得意でも、痛々しい」

 ネット上には「芝居調で技術は上手い」と肯定的な意見もあるものの、否定的な意見がやはり多い。

 田幸氏はさらに構成にも「登場人物がいきなり多すぎて、話が散漫」とダメ出し。

 「第1話『生き残りの掟』はメーンテーマを絞り込んで、スッキリと1話完結で積み上げていて、熱さが伝わる正統派のドラマになっている。でも2話以降、たくさんの人があちこちでいろんなことをしている。視聴者は集中しづらいのでは」

 配役のギャップを指摘する声もある。黒田官兵衛は謀略にたけた冷酷非情の人として認識されてきた。「岡田さんは、ルックスの良さに加えてさわやか系。でも、官兵衛は結構な悪だくみ参謀だから…」(田幸氏)

 大河ドラマは最近、女性ファンを考えた題材やストーリーが多く、特にネット上で“スイーツ大河”と、やゆされている。田幸氏はその影響もあるという。

 「宮崎あおい主演の『篤姫』が当たり過ぎて以降、いつの間にか女性層狙いになっている。今回も2回目にいきなり恋愛要素をぶっこんでくるあたり、『やっぱりスイーツ?』と少し嫌な予感がした」

 また、前作の「八重の桜」(年間平均視聴率14・6%)、前々作の「平清盛」(同12・0%)と不振が続いた影響や、「地上波の前に放送するBSではだいたい4~5%分の視聴率があるので、この数年はその分、地上波での数字は下がってしまう」(テレビ誌ライター)との指摘もある。

 では“勝機”はあるのか。「永遠の0」でも発揮された岡田の演技力はかねて定評はあるところ。

 「官兵衛の人間的な『悪』の部分、一筋縄でいかないところが徐々に育ち、膨らんでいる様子がうまく描かれてくれば岡田さんの新境地も開拓され、ドラマに厚みが出るだろう」(田幸氏)

 実力派ぞろいのキャストなのは言わずもがな。岡田が“悪”の部分を発揮できるかを含め、やはりNHKの采配次第だ。(夕刊フジ)

<ストーリー>
天正18年小田原。秀吉の22万の大軍が小田原城を包囲して早3ヶ月。この城を落とせば秀吉の天下統一は完成するが、戦況は膠着状態にあった。そんななか1人の武将が堅く閉ざされた城門の前に立つ。城兵たちが威嚇して放つ矢にもたじろがず、男はその場で丸腰になり、城主への面会を申し入れた。「命を粗末になさるな。生きられよ!」
――門がゆっくりと開き、ほどなくして城は明け渡された……。
この男の名は、黒田官兵衛。秀吉の天下取りを二人三脚で支え続けた稀代の軍師である。

官兵衛は、播磨国姫路城主の嫡男として生まれた。官兵衛の父・職隆(もとたか)は播磨有数の豪族・小寺政職(こでら・まさもと)に仕える有能な筆頭家老だったが、その地位は決して安泰ではなかった。黒田家は元は流れ者の牢人で、家伝の目薬を売って財をなした身。古参の重臣たちから常に「外様」扱いを受け、主君・政職からは頼られる一方で警戒もされる。外からは宿敵・赤松家が度々攻め入ってくる。職隆はそのたびに先陣を切り、忠義を示さねばならなかった。「すべては生き残るため」。黒田家は常にぎりぎりの選択を迫られ続けていたのである。

政略結婚の宴席を宿敵・赤松家が急襲し、官兵衛(岡田准一)はおたつ(南沢奈央)を失ってしまう。怒りと絶望のあまり復讐心にかられる官兵衛だったが、祖父・重隆(竜雷太)に「命の使い道を考えろ」と諭される。

官兵衛は22歳で家督を継ぎ、小寺家家老となる。政職も子飼いの官兵衛には信頼が厚く、自分の縁戚に当たる女性・光(てる)をめあわせた。嫡男・松寿丸(のちの黒田長政)も生まれ夫婦円満に過ごす官兵衛と光。だが絶えることのない戦乱の中、官兵衛は多くの人間を失い、いつしか「命の使い道」について考えるようになる。人は生かして使ってこその財産……。

ふさぎこむ息子を見かねた職隆(もとたか・柴田恭兵)は、官兵衛を堺への旅に送り出す。その道中、官兵衛は荒木村重(田中哲司)という牢人に出会い、先進商業都市・堺を案内される。

一方、美濃では信長(江口洋介)が攻めあぐねていた稲葉山城に異変が起きていた。

時はさかのぼり1558(永禄元)年、播磨国。姫路城主の嫡男・万吉(後の黒田官兵衛/若山耀人)は好奇心旺盛な少年だった。父・職隆(もとたか・柴田恭兵)は、主君である小寺政職(まさもと・片岡鶴太郎)の領地を守るため日々奮戦していたが、宿敵である赤松家から裏切りを誘う調略の手が伸び始める。

ある日、万吉は病弱な母・いわ(戸田菜穂)の薬草を摘みに赤松領内に入ってしまう。職隆は万吉を取り戻すため、危険を覚悟で赤松政秀(団時朗)のもとを訪れる。
時を同じくして、木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)は、織田信長(江口洋介)と運命の出会いを果たしていた。

元服した官兵衛(岡田准一)は、主君・小寺政職(まさもと・片岡鶴太郎)の近習となり、初陣の時を迎えた。敵の陽動作戦を見抜き勝利した官兵衛に、農民あがりの栗山善助(濱田岳)という青年が突然、仕官を願い出る。
宿敵・赤松家の脅威が去らぬなか、黒田家と同盟国との間に政略結婚の話が持ちあがり、官兵衛の幼なじみ・おたつ(南沢奈央)が花嫁に選ばれる。お互い憎からず思いながら引き裂かれてしまう官兵衛とおたつ。 しかし、万感の思いでおたつを見送った官兵衛のもとに、宿敵・赤松が兵を挙げて室津城に向かったとの知らせが入る。そのころ、室津城ではおたつの婚礼が行われていた。(NHK)

[PR]
# by w-history | 2014-01-18 09:23